物覚えの悪い老人に、先生達が粘り強く親切に一生懸命になって教えてくれた

この時期になると、通っていた語学学校で出会ったあるおばあさんの事をいつも思い出します。

このおばあさんは77歳。ハワイ留学を志し、単身で渡航されてきました。ご主人を亡くされ、日本で一人でぼんやりしていてもボケるだけだから、と思い切って2年間の滞在予定でハワイに来られました。

いくつかのクラスでこの方(Aさん)とご一緒したのですが、一生懸命勉強されているAさんを見てると英語の勉強を始めるのに遅すぎるということはないんだな、と痛感しました。

30代後半でハワイ留学をした私は「もうすぐ40なのに、この年で留学なんぞ始めてもいいのか。周りはキャぴついた若い子達ばかりなんだろうな。。。」という不安ばかりでしたが、まさか77歳のおばあちゃんがクラスメートになるとは!

Aさんは欠席することは1度もなく、授業中もしっかりと目を見開いてずっと先生の説明を集中して聞いています。ある日ノートをみせてもらうと、丁寧な字でしっかりと、しかもびっしりとあれやこれやの授業に関する内容が書いてあります。「すごいですね~!」と私が声をかけるといつもAさんは「若い人のじゃまにならないようにがんばってるんですー。」と笑顔で答えてくれました。正直言って、若い人より何倍も勉強されました。Aさんの隣の席でいつも居眠りして先生に怒られていた若い男の子がAさんととても対照的だったのを覚えています。

実はハワイで学校に通うまではアルファベットも満足に書けなかったそうです。それがなんと1年後には中学3年生レベルの英語に!書くだけでなく、話す方も少しずつ上手になり、なんとアメリカ人のボーイフレンドまでできたと喜んでおられました。この年でここまで英語が伸びた秘訣と、モチベーションの維持について聞いてみたところ「学校の先生とクラスメートのおかげ」だそうです。「物覚えの悪い老人(Aさん談)」に、先生達が粘り強く親切に一生懸命になって教えてくれたこと、自分よりもずっと若い周りの生徒達が宿題をいつも手伝ってくれたことに感動し、1年間英語の勉強を続けて来れたそうです。確かに先生やクラスメートに恵まれていたのはAさんの英語力を伸ばす大きな要素だったのかもしれないですが、それよりも何よりもAさんの努力があったからこそだと思います。

私達が通っていたCentral Pacific CollegeにはAさんの他にも60代、50代の生徒さんがたくさんおられました。このような年配の生徒さんが若い子達(といっても30代、40代がほとんど)に負けない熱意を持って勉強されているのに感心しました。英語を始めるのに年齢は関係ないんですね!

単身でハワイ留学生活をエンジョイされていたAさんは留学生活1年目で体調を壊し、ある年の1月に残念ながら帰国されました。。。
帰国されたあと、「お世話になりました」という手紙付でわざわざ虎屋の羊羹を送ってくれたAさん。。。いつまでもお元気で!

カテゴリー

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

留学から学べること

  1. 洋楽、洋画が好きだった私はアメリカに強く憧れ 「アメリカ人と友達になりたい!」というとても単純…
  2. ハワイへ留学するにあたり、私が知る限り語学留学のための奨学金制度はありません。しかし、奨学金に近いシ…
  3. 結婚しても、人と比べてるといつまでも自分の気持ちは満たされませんね。人と比べて自分がどう、という考え…
  4. 昨日、語学学校時代の友達のKちゃんにばったり道で会いました! Kちゃんは私がアカデミアラングエイジ…
  5. ハワイ留学の学校選び、絶対失敗したくないですよね?あくせく働いて必死で貯めたお金、ムダにしたくないで…

管理人ぷーちゃん

ハンドルネーム:ぷーちゃん
アラフォー女子

家族からいつ結婚するのー?と、プレッシャーを受けながら息苦しい毎日。
このまま人生終わっていくのか。。。

そんな時旅行で訪れた、ハワイの青い空と青い海の色が忘れられずハワイに留学。

最初の学校では思うように勉強できなかったけど、二つ目に通った学校で英語学習に開眼。

今では海外に英語教育に関わる会社を3つ経営。

詳細プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る